ワキガの治療には食生活の改善

ワキガの治療には食生活の改善

重度になるとアポクリン線除去が一番おススメです、それでも切開が嫌だと言う方はボツリヌス菌注入も有りますよ、ボツリヌス菌とはタンパク質に分類されて交感神経の動きを鈍らせます。これにより体臭の元が抑えられるのですね、でも原因そのものがなくなったわけではないので効果は3カ月〜半年となりますので、何回も注射をする必要があります。

大阪でも行われているワキガの治療には食生活の改善(野菜中心)や体質に合う漢方を勧めると言ったものが有ります。形成外科での手術や美容整形での治療方があり、美容整形ではワキガの度合いで治療を選びます。